QLOOKアクセス解析
当サイトは松山農場のオフィシャルサイトです。

松山農場

  • HOME »
  • 松山農場

松山農場ってどこにあるの?

 松山農場は、北海道美深町の仁宇布地区というところにあります。降雪量も多く、厳寒の土地ですが、夏は30℃以上になることもあります。
 昭和55年に肉牛牧場として出発しましたが、昭和62年に羊牧場と、ジャガイモ生産農場に転換し、現在、羊300頭、じゃがいも20haの経営状況となっています。最近では、羊のミルクを使ったアイスクリーム・チーズ・ヨーグルトの製造も行っています。
 また、農場民宿「ファームイン・トント」や、アイスクリームをはじめとする、松山農場で作られた製品を販売している「コイブ」という小さなお店もやっています。
 ドライブなんかで、お近くに来た際は気軽に寄ってみてください。
アクセスは、札幌や千歳方面からは道央自動車道で旭川方面へ。和寒インターを下りて国道40号を名寄方面へ。美深駅の手前で右折し道道49号に入りまっすぐ走ると左手に「コイブ」が見えます。
 コイブのある交差点から、真中の一番細い道を直進すると「トント」が見えてきます。

ひつじ達

hituji2 現在、松山農場の羊は、種雄羊6頭、繁殖用雌羊130頭です。
でも毎年1月から7月の間に250~300頭の子羊が生まれるのです。
 2月現在65頭の子羊が生まれ、元気にとびまわっています。
 私共の牧場は、 乳用種のフライスランド種、肉用種のポールドドーセット種、皮革用種のロマノフ種の 3種類からなっています。ほとんどの個体は、それらの雑種となっていますが フライスランド種の形質が最も多く現れていると思います。 本来ならば、(有)松山農場の業務内容から云うと、乳用種のフライスランドの純粋種を揃えるのが理想なのですが、異なった遺伝子の雄羊を確保することが困難ですし、雑種強制と云って、雑種にした方が丈夫な羊に育つということもあり、雑種化されているのです。
hituji1 とにかく羊が元気で乳をたくさん搾ることができれば良いという観点から羊牧場を営んでおりますので、色々な顔と色々な体型をした羊を是非見に来て下さい。
 毎年3月中旬より搾乳作業が始まり10月下旬まで続きます。
 最初 機械搾りをしていたのですが、血の混ざった乳をチェックできない欠点を未だに克服できず、結局手搾りでひたすら握力をきたえている有様です。
 1日1頭から1リットルの羊乳しかとれず、しかも手搾りであることが羊の乳製品の高い原因になっています。
 暴れる羊もたまにいるのですが、大きな体の牛とは異なり、羊を相手にしても
ケガすることはありません。皆様もファームイントント一泊されて乳搾りの体験をしてみて下さい。

じゃがいも

jaga 天塩川流域に広がる美深町は、北緯44度30分に位置する冷涼地で、寒暖差の激しい盆地型の気候です。(冬、 氷点下41.5℃、夏、摂氏36℃の記録があります。)その中でも、高原の仁宇布地区は、じゃがいもの成長期である夏の昼夜の温度差が大きく(太陽が沈むと急に涼しくなる)炭酸同化作用を盛んにし、じゃがいもの澱粉量を多くします。原産地の南米アンデス山麓にも似た、夏の朝夕の、仁宇布独特の湿気の少ない涼しさが、ホクホクで甘い、日本一の(私たちはそう思っております)馬鈴薯を生産する最高の条件となります。
「仁宇布ならではの美味しさ」は、仁宇布の自然のもたらす、北の大地の恵みなのです。
hana トント前の広大なじゃがいも畑では、他の地区より遅い春を迎える6月に種芋が蒔きつけられます。7~8月にはじゃがいもの赤や白の花が満開となり、美しい絨毯のようです。(是非一度お出かけの上ご覧ください。)
秋の訪れは早く、9~10月に収穫されます。収穫されたじゃがいもは丁寧に選別され、待ちわびる全国のファンのところに送られます。送料を含めると決して安いものではないのですが、「一度この美味しさを味わうと、他のものは食べられない」とおっしゃっていただきます。期待を裏切らないよう、作業に精を込めたいと思っております。

コイブ

koibu コイブ(KOIVU)はフィンランド語で白樺を示します。
仁宇布で唯一の商店。名は白だが、実体は赤で、「赤い店」と呼ばれている。
店内には、白樺の樹液「森の雫」、白樺のお茶「森の憩い」、民間療養藥「茶雅(チャーガ)」と松山農場特産の羊乳、牛乳、羊乳チーズ、メリーさんの羊アイスを中心として関連商品をたくさん陳列・販売しています。
 また、北海道ではめずらしいフィンランドの民芸品も多数あります。
 一般の清涼飲料水・菓子類、酒類も置いていますので、お気軽にお寄りください。
tana 2001年7月より、コイブでは喫茶コーナー「キッチンコイブ」がスタートしました。松山農場の一番のオススメ、「メリーさんの羊ミルク」特製ソフトクリームを羊達の暮らしている仁宇布でも楽しめるようになったのです。旧美幸線のレールを利用してトロッコ列車で「高広の滝」までを走る「トロッコ王国」を訪れる観光客のみなさんにもとにかく人気バツグンなのがひつじミルクのソフトクリームです。
 軽い食事では、松山農場の羊肉を利用したカレーライスや、羊肉のソーセージなどがあります。美深特産のじゃがいも、とうきび、かぼちゃなどもメニューに活かしていければと思っています。

農場・会社概要

このホームページで販売しています、羊乳製品および白樺の樹液関連製品は、(有)松山農場と(有)さっぷの2社で製造販売を行っています。

(有)松山農場

-所在地-
北海道中川郡美深町仁宇布
TEL・FAX 01656-2-3939
※日本で唯一の羊から乳を絞り、羊乳・ヨーグルト・チーズ・アイスクリーム・ソフトクリーム等の乳製品を製造している牧場です。

(有)さっぷ

-所在地-
本店:北海道小樽市堺町1番22号
TEL 0134-23-8201
FAX 0134-22-8857
工場:中川郡美深町仁宇布
※白樺の樹液「森の雫」の製造を中心に、白樺の葉と雄花を使ったお茶「森の憩」や白樺だけに生える「カバノアナタケ」というキノコをもとにした清涼飲料水「茶雅」を製造販売しています。

(有)松山農場
北海道中川郡美深町字仁宇布660
Tel/Fax:01656-2-3939
代表:柳生 佳樹(やぎゅう よしき)

商品に関するお問い合わせは TEL 0134-23-8201 受付時間9:00〜17:00(土日祝日を除く)

バックナンバー

Translator

Japanese flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagChinese (Traditional) flagEnglish flagGerman flagFrench flagRussian flagDutch flagSwedish flag

facebookページはこちら

美深町 松山農場物語
PAGETOP
Copyright © 松山農場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.